日産 スカイライン クーペ。 日産・スカイラインの次期型は日本専用でクーペも復活の可能性も?

スカイライン(日産)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

日産 スカイライン クーペ

いずれにしても、噂の段階ですが日本でのクーペ復活は期待が膨らみます。 グレード展開は標準車のGT-R、NASAが考案したもっとも空気抵抗の少ないエアダクト形状であるNACAダクト付きカーボン製エンジンフードなどが装着されるV・spec II、モータースポーツベース車のV・spec II N1、微振幅高周波振動を抑制するリップルコントロールショックアブソーバーを採用し、V・spec IIとほぼ同等の走行性能を確保しながら、しなやかな乗り心地を実現したM-specの4機種。 R34型登場時には設定のなかった2WDセダンのNA 2. 5 GTS25 タイプS• 今回、マイナーチェンジを実施。 日産新型スカイラインクーペ インフィニティQ60 のデザイン スポーティかつ高級感・上質感を感じられるようなデザインにするため、スカイラインらしいボディラインと安定感あるフォルムを市販モデルに落とし込んでいます。 HDDナビ• 1989年8月 16年ぶりにGT-Rグレードが復活し、日本国内のみならず海外の自動車レースを席巻した。 5Lに350GT-8と350GT、3Lに300GT、2. の影響もあり、わずか197台が生産され、うち195台 000051 - 000245 が市販されたのみで終了している。

次の

スカイラインクーペ(日産)の中古車一覧(全国)

日産 スカイライン クーペ

11代目となる35型スカイラインは、V6エンジン専用フロントミッドシップの新世代「FMパッケージ」を採用することで、スポーティな走りと高級サルーンの乗り心地、空力のよいスタイルと広い室内空間など、相反する要素を高次元で両立している。 一時総合3位を走行するも、エンジンブローにより後退。 2 m 5. 0」での走行中に、ドライバーが警報に反応せずシステムが車両を緊急停止させた際に専用のオペレーターに自動接続する「プロパイロット緊急停止時SOSコール」、高速道路の本線走行中、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいて、同一車線内でのハンズオフが可能。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 クーペ・スポーツ・スペシャリティ E-HR33 1998cc 2 5MT FR 5名 11. ベースとなるエンジンはQ60に搭載される400psの3. ドライブレコーダー• さらに、70km/h以上での高速走行時に車線(白線)に対する車両の向きをカメラが検知し、タイヤの角度と操舵反力を微調整する世界初の技術「アクティブレーンコントロール」との組み合わせにより、高速走行時の直進性はさらに向上。 国産車で初めて高速道路のルート走行で同一車線内ハンズオフ『手放し運転』が可能なナビ連動ルート走行を実現した ProPILOT2. CDナビ• 3LはFR、2. 3 m 5. 引き続きJTCに「RSターボC」が参戦。 秋の東京モーターショーではいよいよ「GT-R」が登場するので、スカイラインGTは系統としてあちらに引き継がれる予定なのだろうか。 4万円 ~ 178. セダンのラジエータグリル、ヘッドランプ周りをスモークシルバーに変更し、GTSタイプG系にアルミホイールを標準装備化。

次の

日産:カーラインアップ

日産 スカイライン クーペ

2 m 5. また、全車にランフラットタイヤを標準装着することで、空気が完全に抜けた状態でも時速80kmで150kmほどの距離を走行し続けることが可能。 「GT-R」では、量産車として初めて、「NACAダクト付きカーボン製エンジンフード」を新グレードの「VスペックII」に採用。 スーパー耐久シリーズに参戦。 最先端のエンジン技術であるVVEL(バルブ作動角・リフト量連続可変システム)を採用、ハイレスポンス、高出力、低燃費、クリーンな排出ガスを実現している。 インテリアでは、セダン、クーペともにセンターコンソールのデザインを変更したほか、カーウイングスナビゲーションシステムを標準装備した(Aパッケージを除く)。

次の

日産 スカイラインクーペ 価格・車種カタログ情報

日産 スカイライン クーペ

自動車評論家諸氏にはボロクソに言われることの多いDASだが、わずか20分、それなりに混雑している休日の国道15号を数km流すだけの試乗では、シロートの私には違和感は感じられなかった。 1969年以降L20型エンジンを搭載する全車種で新設計のエンジンに順次切り替わり、115PS(レギュラーガソリン仕様)となった。 V35型スカイラインセダンより採用したFMパッケージを引き続き採用、ポップアップエンジンフードをはじめとする安全・環境要件へ対応させた新開発FR-Lプラットフォームを採用する。 車内では、インパネ中央上部ににマルチファクションディスプレイモニターが搭載され、水温、ブースト圧などの各種車両情報を表示させることができる。 また、ハイブリッドシステムを搭載した「350GT ハイブリッド」、「350GT FOUR ハイブリッド」、それぞれに「タイプP」、「タイプSP」を設定。 これはまったく味わったことのない、不思議な感覚だ。

次の

スカイラインクーペ(日産)の口コミ・クチコミ・評価・評判|中古車なら【カーセンサーnet】

日産 スカイライン クーペ

現行モデルは2007年登場で、先代に比べ、若干ワイド&ローになっている。 私のようなシガナイ庶民が所有できる価格帯で、しかも発売から10年以上が経過しているというのに、これだけの艶やかさをキープしているクルマを私は他に知らない。 2 m 5. 」「I Love You, SKYLINE. グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 セダン E-HR33 1998cc 4 5MT FR 5名 11. パークアシスト 過給器• つり目4灯ヘッドライトの特徴的なスタイル、クーペとの2タイプの設定等、注目を集めたが、ボディのほとんどがイタリアの職人の指導によるハンドメイド(ジョバンニ・ミケロッティとアレマーノ社の手により製作)で高コスト・高価であり、また市場も十分に育っていなかったため、製造台数は60台ほどでビジネスとしては成功したとはいえない。 5LのRB25DE型、および2. 複数台のクルマを所有できるだけの土地と財力がもし私にあったなら、ずっと手元に置いておきたかった。 その後、V37型2. ボディバリエーションは、4ドア・2ドア・5ドア ・後に追加される(エステート)の4種。

次の

スカイラインクーペ(日産)の中古車一覧(全国)

日産 スカイライン クーペ

Wエアコン• 製造国 販売期間 2014年2月 - 5人 4ドア 2. 中古車市場には歴代のスカイラインが掲載されているが、スカイラインはセダンやクーペなど車の形も時代によって変化しているため、現在は販売されていないレアなスカイラインも中古車であれば手に入れることができる。 0 GTSアーバンランナーS• 前後の意匠変更、大型バンパーの採用等を行う。 1988年度全日本ツーリングカー選手権にGTS-Rが参戦。 以降はが生産拠点となる。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 セダン GH-V35 2495cc 4 4AT FR 5名 12. 5L 4WDには5速AT、2. 2 m 5. ポール・ニューマンバージョンの 1983年10月 日本初のAT専用グレードであるNAの豪華仕様「2000RS-X(DR30XFE型)」、および15インチアルミホイール、ブロンズガラス、専用ステッカーを装備する「2000ターボGT-E・S ポール・ニューマン・バージョン」(HR30JFT型)を追加。 新型スカイラインクーペの燃費性能 300psのユニットの燃費は9. 2013年にフルモデルチェンジされ、エンブレムも米国で発売されているインフィニティのマークに変わった。

次の

スカイライン(日産)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

日産 スカイライン クーペ

同じく、98年1月には標準準車に対しては97年10月より、設定のあったスカイライン生誕40周年記念車について、新たに2ドアのみ「GTS25t TypeM-R 40thANNIVERSARY」を設定し販売した。 ボディサイズはミドルクラス()に位置するが、モータースポーツでも活躍し、 グレードは同クラスの他車に比べてモータースポーツ色が強く、実際に製品としての性格付けもそのようになっている。 5Lターボ車には電動スーパーHICASを標準装備。 6速マニュアルは、クーペ370GT タイプS系に設定し、4輪アクティブステア(4WAS)、スポーツチューンドサスペンションなどを備える。 フロント・バンパー部には、空気をエンジンに送り込むためにダクトが設置されています。 2007年10月 クーペの販売終了。 しかし、4ドアセダンは先代と比べてかなり狭くなった車内空間(特に後部座席)でファミリーユースが減少、新たな兄弟車種であるセフィーロやスカイラインより格下のクラスでありながらスポーティーなハンドリングを身上とし、レイアウトを用いたファミリーセダンであるの存在、そして車の流行が 2020年で言うところの、 に変わっていった時期とも重なり、販売台数は落ち込んでしまう。

次の