ポピュ レーション アプローチ。 用語の解説 ポピュレーション・ストラテジーとリスク・ストラテジー

ポピュレーションアプローチとは|(社) 安全衛生マネジメント協会

ポピュ レーション アプローチ

たとえば「生活習慣病」という言葉があまり知られていなかった時代に、「生活習慣病」という言葉を浸透させ、 規則正しい生活を送らないとだれしもが「生活習慣病にかかるかもしれない」と認識させることも、ポピュレーションアプローチの ひとつなのです。 様々な疾患や問題行動に関して、高いリスクを持った人へ、リスクを減らすように支援していくことをハイリスクアプローチというが、高いリスクを持った人と限定せずに、ある団体などのリスクを全体的に下げるために行なっていく支援をポピュレーションアプローチという。 1.市が実施する生活習慣病予防教室に市民協力団体が加わり対象者を支援することで、市民協力団体が市内各地で実施する取り組みに、自分の健康状態をチェックできる内容(食習慣・運動習慣、BMI・腹囲測定など)を組み込んで実施。 ・糖尿病対策を医師会と連携して実態を把握、患者登録管理システムの構築、重症化防止の基本健康診査用指導対策、人間ドック事後指導などのハイリスクアプローチを実施した。 これこそは児童虐待予防におけるポピューレーション・アプローチの成果であった。 それに対し「ポピュレーションアプローチ」は、まだ高リスクを抱えていない 集団に働きかけ、集団全体がリスクを軽減したり病気を予防したりできるように することです。

次の

ハイリスクアプローチってなに?

ポピュ レーション アプローチ

2016年4月13日 ポピュレーションアプローチという言葉を聞いたことがあるでしょうか? 「ポピュレーションアプローチ」に対して「ハイリスクアプローチ」という言葉も あります。 そのために,地域の全員に行える簡便なアンケート方式のプレ・アセスメント法を開発し,それによって子育て上の問題を見落としなく把握し,支援に繋げることを地域の子ども虐待予防関連職者と恊働して実施して成果を挙げることができた。 公益社団法人 日本看護協会「保健師活動におけるポピュレーションアプローチの評価のあり方」参照 ポピュレーションアプローチは振り返りが大事 ポピュレーションアプローチは、予防が目的のためハッキリとした結果はすぐに現れないものです。 「ハイリスクアプローチ」とは、健康障害を引き起こす可能性のある集団の 中から、より高いリスクをもっている人に対して働きかけ病気を予防することを いいます。 一般的に参加対象が多岐にわたるため、どのような人でも参加しやすい枠組み作りや、経済的な負担などを考えなければいけないが、近年最も注目されている支援の一つである。 しかし,プレ・アセスメントでリスクが疑われる場合には,再度の家庭訪問,虐待予防関連職者と保護者とのパートナーシップ・プログラムへの参加を促して親行動の醸成をはかる,あるいは生活保護による経済的支援をすることなど,種々の方法で,子どもへの虐待を防止することが可能であった。 これまでの集団検診は,一見ポピュレーション・ストラテジーのようにみえるが,実はリスク者を見つけ出し,受診を促し,保健指導などの介入・支援を行うなど,結局はリスク・ストラテジーに立っているのである。

次の

用語の解説 ポピュレーション・ストラテジーとリスク・ストラテジー

ポピュ レーション アプローチ

たしかに「 ハイリスクアプローチ」は、主に保健師が専門的に行っている分野ですので、看護師の勉強の中ではなかなか馴染みがなく、看護の教科書にも詳細は載っていない言葉だと思います。 これら2つの方法の保健指導を保健師が主となり企画や実行し、それぞれの健康に対する意識を変え、病気の予防、生活の質の向上を促進できるようにしていきます。 リスク・ストラテジーには,住民への母子保健対策,学童・思春期対策,成人期の精神保健対策や障害児・者へのサービス,家庭内暴力対策など,ライフステージにおける全ての地域保健対策の中でリスク児・者を早期にみつけ,診断・支援に結びつけることが含まれる。 一方リスク・ストラテジー(リスク戦略)とは,特殊な問題をもつ少数者を,健康で特別の注意を要しない大部分の者から分離して,予防等の活動の対象とすることを意味する。 未受診者は家庭訪問をしても,仕事で多忙,子どもへの無関心,当日に都合が悪いなど種々の理由から,一度で面接できることは不可能に近い。

次の

ハイリスクアプローチってなに?

ポピュ レーション アプローチ

福岡県福岡市 小学校校区ごとに年9回程度の健康づくり教室を開催• 例えば血圧、血糖値などを検査する成人病検診などがハイリスクアプローチの一環になります。 1.指導の期間や内容、時間帯が限られた従来の事業から、自分のライフスタイルにあった時間帯や運動メニューを選べる事業内容に変更し、事業が終了した後も継続して生活習慣の改善ができるよう、民間のスポーツ施設を活用 2.体育指導委員協議会は、年代層に合わせた各種スポーツの集いやウォーキング指導者の育成 3.地域活動栄養士協議会の出張栄養指導、連合婦人会による各地区での料理教室や歩こう会、自治会連合会の地域の祭りやスポーツ大会等、各団体による自主的な取り組み 2)早期発見を促す機会の拡大 若い年代層が様々な場所で自分の健康状態について知り、さらには糖尿病予備軍を発見できるために以下のような取り組みを行っている。 しかし,未受診者は必ずあって,このような未受診者の中に,子ども虐待の事例が多いのである。 例えば(1)は条例などによる分煙の義務化、喫煙できる公共の場所の制限、(2)はたばこやお酒の税金を上げることにより購買意欲を低下させる、(3)は企業に減塩の食品開発などを依頼し、減塩しやすくする方法などです。 島根県出雲市 「子どもから高齢者までみんなが健康で豊かな暮らしを送れる街づくり」を目指して、健康づくりを展開 それぞれの市が、食生活の乱れを是正するための「朝食メニューコンテスト」をはじめ、独自の取り組みを行いました。 。 以前は公衆衛生活動の対象が結核のような比較的頻度の高い重篤な疾患に限られていたために,この2つのストラテジーを区別する必要がなく,全員に予防対策がとられていた。

次の

ポピュレーションアプローチとは|(社) 安全衛生マネジメント協会

ポピュ レーション アプローチ

以上がA市のハイリスクアプローチとポピュレーションアプローチの事例です。 ポピュレーションアプローチは地域との連携活動だけではなく、対象が集団であるので、学校や企業での健康づくり教室の開催などもポピュレーションアプローチとなります。 筆者がポピュレーション・ストラテジーに強い関心をもったきっかけは,子ども虐待予防に取り組む中での経験であった。 保健師が知っておきたいポピュレーションアプローチ ポピュレーションアプローチについて、生活習慣病予防を例にご紹介しました。 方法としては、(1) 法令・条例による遵守、(2) 経済的なインセンテイブ、(3) 環境整備などがあります。 保健師が知っておきたいポピュレーションアプローチ 生活習慣病対策は特に重要事項! 生活習慣病はご存じのとおり、「生活の積み重ね」の中のよくない行動や習慣が原因で発症します。

次の

ハイリスクアプローチってなに?

ポピュ レーション アプローチ

このように,従来の医療・公衆衛生対策はリスク・ストラテジーに偏りすぎていたとの反省がある。 成果が恒久的である。 また、禁煙やダイエットなど、仲間と異なる保健行動が必要になることが多く、1回のスクリーニングと指導のみでは行動変容を維持するのは困難です。 例えば、自治体が行なうウォーキング大会などは、対象を地域の人々とし、全体的な生活習慣を改善することで糖尿病のリスクが下がるという観点に基づけば、十分にポピュレーションアプローチとして機能している。 費用対効果が高い。

次の