す だ まさき 歌詞。 菅田将暉 まちがいさがし 歌詞

Climax Jump DEN

す だ まさき 歌詞

別れてあげるよ 望みどおり 私がじゃまだと思う前に はらりと悲しみこぼれたけれど 夕陽がじょうずに隠してくれた 泣きたいときに 泣けない私 強がりが 何より可愛いなんて 嘘つきだよね あなたが言った 言葉だけ信じて 淋しさで寄り添っていた それもたぶん愛なのに 遠くで瞬 またた く街の灯かり あなたの肩越しゆがんでいる ゆらりと決心 こころ がぐらつきそうで 背中を抱く腕 て をそっとほどいた 泣きたいときに 笑ってみせる 愚かだね 未練があふれるくせに ふるえる指も 濡れた瞳も 気付いてくれなくて 優しさを置いてゆくだけ それもきっと愛だから 泣きたいときは 泣いてもいいと 本当の私がささやくけれど 嘘つきだから 好きな人とは きれいに終わりたい 淋しさで寄り添っていた それもたぶん愛なのに それもきっと愛だから 基本情報. 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 まちがいさがしの間違いの方に 生まれてきたような気でいたけど まちがいさがしの正解の方じゃ きっと出会えなかったと思う ふさわしく 笑いあえること 何故だろうか 涙がでること 君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 退屈なくらいに何気なく傍にいて 間違いだらけの 些細な隙間で くだらない話を くたばるまで 正しくありたい あれない 寂しさが 何を育んだでしょう 一つずつ 探し当てていこう 起きがけの 子供みたいに 君の手が触れていた 指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんてどうでもよかった 瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ 君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 誰にも見せない顔を見せて 君の手が触れていた 指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんてどうでもよかった 瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ. All Rights Reserved. ラッキー ラッパ 向かえ 立ち上がれ 闘志萌える 空に向かって今叫べ!! フォルツァ 作詞 まさき 負けそうな時 挫けそうな時 支える一本の柱 ココロ支える 大切な柱 努力=結果にならない コトもある じっとこらえて 地道に続ける するといつか 努力=結果になる日 がくるのさ 人間みんな夢見てる 他人が輝く 他人がキレイ 違うの俺だけ?って思っちゃう そんなコトない 他にはない君の いいところ僕は いっぱい知ってるぜ ダレが一番なんてない ひとりひとりの ゴールは違う 能力 スピード 違っても 勝負所 踏ん張り 気合いで 乗り切る ハングリー精神 失わず 負けず 食らいつくガッツだ!!! 著作権は作詞者に属します。 。 逢川まさきさん『満ちる月』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 逢川まさきさん『満ちる月』の歌詞 ミチルツキ words by マサル music by ナカムラツヨシ Performed by アイカワマサキ. 何故ふたり めぐり逢えたのか 命が花ひらく 奇跡のなかで 指をすべらせ とてもきれいと いわれるたびに華やぐわたし ああ あなただけ あなただけ あなたがいとしくて しのび逢う雨に濡れながら かわすくちづけ 愛がせつなくて… 愛がせつなくて… 咲き匂う バラの花たちは 短い秋の日を楽しむように 甘いかおりに 吐息からませ 抱かれる今が ただうれしくて ああ あなただけ あなただけ あなたがいとしくて 人生に別れ来る日まで いつも変わらぬ 愛のくちづけを… 愛のくちづけを… ああ あなただけ あなただけ あなたがいとしくて しのび逢う雨に濡れながら かわすくちづけ 愛がせつなくて… 愛がせつなくて… 基本情報. All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 。

次の

満ちる月 逢川まさき 歌詞情報

す だ まさき 歌詞

。 。 。 。 。 。 。

次の

しのび逢いの歌詞・楽曲情報

す だ まさき 歌詞

。 。 。 。 。 。

次の

菅田将暉 まちがいさがし 歌詞

す だ まさき 歌詞

。 。 。 。 。

次の

菅田将暉 まちがいさがし 歌詞

す だ まさき 歌詞

。 。 。 。 。 。 。

次の

しのび逢いの歌詞・楽曲情報

す だ まさき 歌詞

。 。 。 。 。

次の