1914 映画。 夕立 (1914年の映画)

1914年

1914 映画

戦争の引き金となったのは1914年6月28日、 ()の青年が、への視察に訪れていたオーストリア=ハンガリー帝国の帝位継承者を暗殺した事件()だった。 翌日にはドイツ皇帝諮問委員会が戦場での勝利はほぼ不可能であると結論を出した。 の山岳戦の最中の12月13日、イタリアとオーストリア=ハンガリー軍数千人がにより死亡した( ())。 これにより、オーストリア=ハンガリーでも8月4日に総動員が行われた。 ほかにもにおいて第一次世界大戦では珍しい大規模なが10月8日まで行われ、オーストリア=ハンガリーがクロンシュタットを占領した。

次の

ノックアウト (1914年の映画)

1914 映画

1914年11月7日にとの連合軍は、の根拠地だったのであるとの要塞を攻略した(、1914年10月31日 - 11月7日)。 しかしヴィルヘルム2世はドイツ軍がに進軍しないことを堅持、いとこのイギリス国王からの電報で先の情報が誤報であることを判明してようやく小モルトケに「今やあなたは何をしてもいい」と述べた。 参戦の裏には様々な理由があった。 8月末、ヴィルヘルム2世の決定が ()や ()などドイツの新聞編集長に告知された。 ドイツ軍は2月25日に ()を占領したが、要塞が東向きだったため戦術的にはあまり重要ではなかった。

次の

1914年

1914 映画

また、の海外派遣部隊が12月7日にで。 4月25日に戦略要地の ()を占領するなど初期では成功を収めたが、やがて膠着に陥った。 英国が日本艦隊のへの派遣を要請(日本は拒絶)• これらの敗退により、ドイツの ()は9月2日に南の ()への撤退を命じ、4月に奪取した ()を抵抗もなく放棄した形となった。 さらに、潜水艦の指揮官への指示が不明確で、海軍は中立国船舶の航行を妨げるために無警告で攻撃するであると仮定した。 シュリーフェン・プランは失敗に終わり、アルザス=ロレーヌでフランス軍を圧迫することも失敗した。 本作に携わった模型技師は、後に『』の製作に参加し、宇宙船USSボーズマン U. 食料供給の政策に失敗した結果、1915年末までに「市民は国から疎遠になり、国の『非正当化』が始まるほど」となった。 当初、の一環として、やにスティルウェル将軍役を依頼していた。

次の

ノックアウト (1914年の映画)

1914 映画

政治面でのイッレデンティズモ(失地回復主義あるいは未回収地回復運動)は、例えば、 ()が支持していた。 ベートマン・ホルヴェークは質疑を取り下げさせることに失敗し、12月9日には国会で喚問された。 11月1日、ヒンデンブルクがドイツ軍総指揮官に任命された。 しかし、ドイツ軍の計画が成功した場合、フランスがヴェルダンを維持するためにはドイツ砲兵の占領した高台を奪回しなければならず、1915年の戦闘の経験からは不可能だと思われた。 この時に締結場所となった列車()は1940年6月にがと休戦協定を結んだ際、再び使用された。 やも参照してください。

次の

1941 (映画)

1914 映画

フランス軍の指揮官はドイツ軍を南部で釘付けにすることと、フランス国民の戦意高揚を目的として、普仏戦争でドイツ領となっていたの奪還を掲げた。 ロシア軍は長らく占領していたペルシア北東部から進撃した( ())。 アメリカは連合国軍の石油を8割以上提供しており、しかも不足はなかった。 ヴィルヘルム2世は要求を受け入れ、ベートマン・ホルヴェークは翌朝にそれを知ると自ら辞表を提出した。 これにより、オーストリア=ハンガリーはにを発するというが起こった。

次の

1914年

1914 映画

イギリスの商船が武装を強化したため、Uボート は安全が脅かされ、 ()に関するを完全に順守することができなかった。 大野裕之『チャップリン再入門』、2005年。 「」の伝説、「ヴェルサイユのディクタット」を改正する願望、そして諸国がドイツ国を消滅させたがっているという信念はドイツの政治の中心であり続けた。 は「協商国の小国」、人口比で最も多く損害を出した国として 、多民族国家である新生(後にユーゴスラヴィア王国に改名)の背骨になった。 例えば、オーストリアでは豚の大半が屠殺されたため、終戦のときには食肉がほとんどなかった。 ブルシーロフはルーマニア国境近くで最も多く前進(約120km)、が連合国側で参戦する決定的な要因となった。 から、ハンガリー人354,000人が、、に割譲された元領から逃亡した。

次の

1914年

1914 映画

1月31日、ベルリン当局はストライキ委員会の委員を逮捕、ストライキに参加した労働者のうち5万人を前線に派遣した。 スターリングは警官に連行され、チャーリーはその光景をからかいのまなざしで見送った。 カブラの冬 [ ] の民衆デモによりが勃発した。 9月末、ロシアの将軍がを企図して失敗すると( ())、ケレンスキーは革命を守るためにボリシェヴィキに頼らなければならず、ボリシェヴィキは名実ともに名誉回復した。 セルビア人に対する暴力はサラエボ以外でも組織され、オーストリア=ハンガリー領ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、、などで起こった。

次の