ご 留意 ください。 「ご留意ください」は上司に失礼?読み方、意味、使い方、英語表現も紹介

「ご留意ください」の意味は?目上の人への正しい使い方と例文集

ご 留意 ください

「お体に気をつけて」の使い方 実際の使い方としては、年賀状やメール、手紙などの文末の締めの挨拶の中で、「まだまだ寒い日が続きます、お体に気をつけてお過ごしください」と使ったり、退職や転職をする方へのお別れの挨拶において「これからもお体に気をつけて、益々元気にご活躍ください」などといったように、「お体に気をつけて(付けて)」の前後に、「何故」体に気をつけるのか、体に気をつけて「どうする」のかなどの言葉を付けて、相手の健康や、体調を気遣う文章にして使います。 文頭に「くれぐれも」「どうか」などと付けると丁寧な表現になります。 4.〔心〕精神機能を高めるため、ある特定のものや事柄に選択的に意識を集中させる状態。 年賀状やメール、手紙だけでなく、口頭で使う場合にも色々な言い方で表現できる事もわかりました。 ご留意の留は訓読みでは「とめる」「とまる」という読み方をします。 接頭語の「ご」は「御」でも構いません。 ・一次試験の会場につきましては〇〇大学講堂になりますので、ご留意の程お願い致します。

次の

「ご留意ください」の意味・使い方・類語・言い換え語を徹底解説!|

ご 留意 ください

ご留意いただければ幸いですで使われる幸いですは「そうしてもらえると嬉しいです」「そうしてくれるとありがたいです」「そうしていただくと助かります」という意味で使う言葉です。 ご用心 「用心」は 「心を用いること」「困ったことにならないようにあらかじめ注意すること」を表しています。 畏まりました。 今現在は健康に対して警戒が必要となる状況ではないが、普段から気をつけるようにするという程度のことになります。 「ご用心ください」は、尊敬を表す接頭語の「ご」をつけた言葉なので、相手に「 気をつけてください・注意してください」と伝える場合に使用される言葉です。

次の

留意 /文例・敬語の使い方・意味

ご 留意 ください

ご留意は留意という言葉を丁寧にして敬語表現に言い換えている言葉です。 「心してかかれ」などというように使われます。 「取扱説明書を書くときには、以下のような点に留意が必要だ」とか、「契約締結に当たって留意すべきポイントは何か」などというふうに使われる機会があります。 」 「ご留意ください」「ご留意願います」の違い 同じ「ご留意」という言葉を使った表現でも、「ご留意ください」という表現は敬語表現であり「心に留めておいてください」という意味であるのに対して、「ご留意願います」という表現になると意味合いが違ってきます。 また、物騒なことも「不用心」といいます。 また「留意してください」と言うと、言われた相手が命令されているように感じる可能性があるので、「ご留意」と「ご」という接頭語をつけて、より丁寧な言い方になるように使うと角が立ちにくいでしょう。

次の

季節を問わず年中使える「結びの挨拶」

ご 留意 ください

ビジネスシーンにおいて、「ご留意ください」という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。 結論としては「正しい」です。 「留意点」と「注意点」の使い分け 「留意点」と「注意点」は、両方ともに注意を促す言葉という点では同じ意味を表わします。 例文 このような事例は以後留意すること。 特に自分に対して使うとき、「気をつけます」ではなんとなく軽い感じがしてしまうので「配慮します」と言い換えると良いでしょう。

次の

「留意」とは・意味と使い方・「配慮・留意」との違い・例文

ご 留意 ください

しかし、「ご留意ください」とは相手に気に留めておいて欲しいというお願いごとですので、 目上の方や上司、お客様などに使用される際は「ご〜ください」を別の表現に言い換えた方が丁寧で感じ良く伝わります。 また注意には留意という意味もあります。 「ご留意願います」という表現だと、一見丁寧な言葉に思えますが、「ご留意ください」や「ご留意のほどお願いします」よりもそっけなく、丁寧さに欠ける表現になります。 さらに、 「お願い申し上げます」は「お~申し上げる」という謙譲語を組み合わせている為とても丁寧な言葉となっています。 お体に気をつけてお過ごしくださいね• ・同様のミスが起きないよう、以後留意いたします。 (文・イマーゴ)• この「ご留意くださいませ」は、相手の体調を気遣う場合などによく使われます。

次の

「留意点」の意味と使い方例文5つ・「注意点」との違いとは

ご 留意 ください

したがって、「ご留意ください」は上から目線に感じてしまう人もいる為、目上の人には避けたほうがいい言い回しです。 健康にはくれぐれもご留意ください。 文字通り「意(意志や気持ち)」を、心に「留める」という意味。 「どうぞお体に気をつけてお過ごしください」、「くれぐれもお体にお気をつけください」というように表現して使います。 これも、柔らかく注意を促す表現です。 家内からもよろしく申しております。 皆さんお体に気をつけて毎日を元気に過ごしてください• ・冬季期間中は休業させていただきますことを予めご了承ください。

次の

「留意」の意味と使い方とは?類語・注意との違いや例文も解説

ご 留意 ください

寒さいよいよ厳しい折柄、お体には十分ご留意下さいますようお祈り申し上げます• 「留意点として下記をご参照ください」などと伝えることで、いつもとは違った項目があることを丁寧に伝えることができます。 「ご配慮」は、尊敬を表す「ご」をつけた言葉で、「相手が自分のためにしてくれた心配り」の丁寧な言い方です。 以下の点には留意するようお願いいたします。 これは「ご注意」も使えますが「ご留意」の方がベターな例文になります。 では、「ご留意ください」の類語表現にはどのようなものがあるのでしょうか。

次の