マンオブ スピリット。 JRA「6億円」アドマイヤビルゴに「大本命キラー」北村友一が迫る!? 京都新聞杯(G2)「急成長」マンオブスピリットはC.ルメールもベタ褒めの逸材

JRA「6億円」アドマイヤビルゴに「大本命キラー」北村友一が迫る!? 京都新聞杯(G2)「急成長」マンオブスピリットはC.ルメールもベタ褒めの逸材

マンオブ スピリット

毛ヅヤや体の張りもいいですよ」。 過去10年で8頭の重賞ウィナーを輩出しており、そのうちワールドプレミア、ダノンシャークはG1を制している。 9 36. 1 488 --- 5 6. これらを偶然の一致で片付けていいのだろうか-。 無敗の皐月賞馬を倒すのは、未対決で、未知の魅力にあふれるこの馬かもしれない。 ゴール前まで食い下がるが、クビ差及ばずの2着。

次の

【日本ダービー】好気配のマンオブスピリット 昨年V馬と重なる共通点

マンオブ スピリット

一方、同馬を担当する間宮辰徳助手も今月1日に斉藤崇史厩舎に加わり、前任者の定年退職もあって前走前から任された。 素質という点では、前々走にマンオブスピリットが勝利したつばき賞(1勝クラス)は出世レースであるため、今後の活躍に期待できそうだ。 潜在能力は確かで、伸びしろも豊富だ。 一方、同馬を担当する間宮辰徳助手も今月1日にに加わり、前任者の定年退職もあって前走前から任された。 素質と能力はありますね」と、潜在能力の高さを評価した。 バランスが少し改善され整ってきた感じがする。

次の

【日本ダービー (東京優駿) 2020 予想 -野望編⑦-】マンオブスピリット 評価まとめ

マンオブ スピリット

重馬場の14頭立てという厳しい条件を考慮すれば、仕上がり途上のデビュー戦としては上々の内容といえるだろう。 京都9Rの 3歳1勝クラス・芝1800m は2番人気 C. が勝利した。 そんな中、「逸材」と評判の マンオブスピリット(牡3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)も、日本ダービー出走に狙いを定めてきた。 それより、よっぽど増減なしのホーリーブレイズのほうが、2ケタ馬体増感を醸し出しているというww— ホネさん yosounohone スポンサーリンク yosounohone. 0 18 8 16 2:26. 稍重だと、道中緩んでの平坦戦にまでなるケースが多いんだよな~このレース。 ロジャーバローズは…1枠1番からのスタート。 0 13 7 11 2:11. 令和初のダービー馬と重なる、数多くの共通点。

次の

JRA北村友一「11年ぶり」マンオブスピリットと日本ダービー参戦へ! 大舞台でロジャーバローズの再現なるか!?

マンオブ スピリット

厩舎的にも初めてですし、プレッシャーしかないですよ」と胸の内を明かす。 「今年の北村友騎手は、段々と重賞での成績が安定しつつあり、G1の高松宮記念、大阪杯、天皇賞・春と馬券に絡んでいます。 5 - 36. 昨秋10月のデビュー戦は先団に取りつき、脚を伸ばして5着。 京都の芝1800mで出負けして行き脚がつかず、後ろからの競馬になったものの、道中しっかりと折り合い、最後の直線では大外から上がり最速34. ルメール騎手を始め、騎乗したジョッキーたちの評価も上々。 。

次の

【日本ダービー】(16)マンオブスピリット進化 昨年覇者“ロジャーの道”― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

マンオブ スピリット

藤岡範、石橋厩舎時代を含め、自身初の競馬の祭典。 藤岡範、石橋厩舎時代を含め、自身初の競馬の祭典。 勝ちタイムは1分51秒9 重。 前年ダービー馬を手掛けた角居厩舎の米林昌彦助手は、京都新聞杯前から担当することに。 9 0. 時計は平凡だが、決め手のあるところを示した。 流れに乗るまで時間がかかりましたが、トップスピードではよく伸びた。

次の

JRA「6億円」アドマイヤビルゴに「大本命キラー」北村友一が迫る!? 京都新聞杯(G2)「急成長」マンオブスピリットはC.ルメールもベタ褒めの逸材

マンオブ スピリット

3 35. ちがーう、そこじゃない。 直線で徐々に差を詰め、首差遅れてフィニッシュした。 29日に東京へと輸送され、30日にダートコースで調整する予定だ。 レース後「まだ馬体が緩い状態」と斉藤調教師が語っていたが、騎乗したA. 「・G1」(31日、東京) 歴史は繰り返すのか。 他 Twitter 「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。 — ホネさん yosounohone むしろ細く見せていると言ってしまっても良いくらいだな、サルサディオーネ。 やれることをやりますよ」と、自然体で丁寧に仕事を続けるだけだ。

次の

【つばき賞レース後コメント】マンオブスピリット C.ルメール騎手ら

マンオブ スピリット

なぜなら、昨年の日本ダービーを制したロジャーバローズも京都新聞杯で2着に敗れたが本番で逆転を果たしたのだ。 前年馬を手掛けた角居厩舎の米林昌彦助手は、前から担当することに。 前年覇者と同じ鹿毛の馬体には、前走以上の好気配が漂う。 息遣いも前回よりいい。 成長した今、久々の大舞台で大暴れして復活のきっかけとしてほしいところだ。

次の

マンオブスピリットの分析

マンオブ スピリット

0 14 4 5 1:38. シュタルケ騎手は「レースが分かっているようで、頭の良い馬だね」とマンオブスピリットを高く評価している。 前走の京都新聞杯はシルヴェリオが1000m通過58秒3のハイペースで引っ張る中、後方からレースを進めたマンオブスピリット。 「イレ込んでもいいことはない。 京都新聞杯でロジャーバローズの手綱を初めて取った浜中俊騎手は、コンビ2戦目の日本ダービーで見事に優勝へと導いた。 京都新聞杯の着差も同じく「クビ」という共通点があるのは、何かの縁だろう。

次の