森 雄二 と サザン クロス。 森雄二とサザンクロス 好きですサッポロ 歌詞&動画視聴

足手まとい(森雄二とサザンクロス) / コード譜 / ギター

森 雄二 と サザン クロス

三の宮ブルース/三の宮ブルース(カラオケ)(1980年、CWA-30)• 4名は(田村修三の死去後は3名)で「サザンクロス」として活動を行っていた。 足手まとい /献身(1981年、CWA-95)• 夫婦げんか/ふるさとに帰ります(1989年)• 森雄二( レキントギター ()、) 2018年4月18日死去 「サザンクロス」• 菅野ゆたか(ボーカル)• 敏いとうの勧めもあり、に再結成。 大前あつみ(ベース)• 山下洋治とムーディ・スターズのカバー。 1985年の一時解散後、1987年にソロデビュー。 斉条史朗のカバー。 菅谷聡(ベース、コーラス) - 「ふたりのシュビドゥバ」発表時のメンバー。 外部リンク [編集 ]• あゝばかみたい/あゝショックだね(1979年、CW-1877)• /もっと愛していたら(1981年、CWA-55)• 新メンバーによる新録音。

次の

森雄二とサザンクロス

森 雄二 と サザン クロス

ためらい/意気地なし (1994年、PCDA-00538) スバック• 編曲:小笠原寛、2コーラス半。 1985年の一時解散後、1987年にソロデビュー。 「定山渓の山に咲く 白いスズラン…」と、唄いながらイメージしていたその地を、初めて訪れたのは一人旅のひと時でしたが、『バイクで走って来ると、あまりロマンチックな雰囲気じゃないなぁ』と思わず苦笑したことを覚えています。 仙台市観光協会推薦曲。 島ゆたか(ボーカル)• ( 2017年1月)• 山下洋治とムーディ・スターズのカバー。 - (2019年11月1日アーカイブ分) - 公式ブログ。 その後、2016年には森雄二が脱退、消滅。

次の

森雄二とサザンクロスとは

森 雄二 と サザン クロス

星の河〜ニューバージョン〜(2008年) - 「愛されて高崎」カップリング曲のニューバージョン• 前橋ブルース/いちりんざし(1982年、CWA-124)• 永遠(とき)をこえて(2017年) 関連項目 [編集 ]• 川池真一に代わって加入。 はじめまして仙台/旅情・みやぎ路(1982年、CWA-129)• デュエット:吉村真貴子。 母性本能/泣きたいわたし(1978年、CW-1780)• 須藤哲史(コーラス、キーボード)• 三井純平(ギター、コーラス) - 「ふたりのシュビドゥバ」発表時のメンバー。 サザンクロスのサンバ北海盆唄/サザンクロスのディスコ・ソーラン節(1979年、CW-1826)• 女子大小路のあの店で/女子大小路ホステス小唄(1977年、CW-1704)• には、元の、元の木下あきらとともに「」を結成。 「意気地なし」「足手まとい」(後にがカバー)などのヒット曲を世に送り出し、に大ヒットした「」は、同年開催されたのテーマソングにもなり、現在でも北海道のテレビ・ラジオで放送されるなど、一定の人気がある。

次の

森雄二とサザンクロス

森 雄二 と サザン クロス

奥野広道(コーラス) 元メンバー [編集 ]• 愛はゆらゆら/五分五分(フィフティ・フィフティ)(1984年、CWA-254)• アロハまつり(1980年、CW-1919)• バイオグラフィ に「さようなら幸せに」でデビュー。 岩浪晴彦(ドラムス)• 小川良雄(サイドギター) - 結成時のメンバー。 ふたりのシュビドゥバ/モイザ・ソウル(1987年)• 三の宮ブルース/三の宮ブルース(カラオケ)(1980年、CWA-30)• トゥワイライト・サッポロ/可愛がられて(1977年、CW-1682)• 今は仲良くやってます/今夜はそっとしておいて(1980年、CWA-3)• 今は仲良くやってます/今夜はそっとしておいて(1980年、CWA-3)• 愛はゆらゆら/五分五分(フィフティ・フィフティ)(1984年、CWA-254)• 作詞:(補作詞:高畠諄子)。 はじめまして仙台/旅情・みやぎ路(1982年、CWA-129)• 菅谷聡(ベース、コーラス) - 「ふたりのシュビドゥバ」発表時のメンバー。 トゥワイライト・サッポロ/可愛がられて(1977年、CW-1682)• 小川良雄(サイドギター) - 結成時のメンバー。 1985年の一時解散後、再結成し1987年「ふたりのシュビドゥバ」発表時のメンバー。 山口晃生(ボーカル)• 結成時のメンバー。

次の

札幌の星の下で/森雄二とサザンクロス

森 雄二 と サザン クロス

メンバー• 永遠(とき)をこえて(2017年)• 結成時のメンバー。 1996年には演歌デュオ「金剛と榛名」(もう一人は山口晃生)としてもデビューしている。 編曲:小笠原寛、2コーラス半。 そしてバック・コーラスは裏声を多用し女声の声域でちりめんビブラートを効かせ「ウ〜〜、ウ〜〜、ア〜〜〜〜〜。 グループの特色は、メイン・ボーカリストのが鼻にかかった独特の声質で、男女の別れ話を題材にした歌詞が多く歌われる。 足手まとい /やさしく別れて(1977年、CW-1646)• 大前あつみ(ベース)• ディスコグラフィー 森雄二とサザンクロス) [編集 ]• 編曲:神山純一、3コーラス。 生命のブルース/生命のブルース(カラオケ)(1978年、CW-1750)• 川池真一(ベース) - 結成時のメンバー。

次の

札幌の星の下で/森雄二とサザンクロス

森 雄二 と サザン クロス

モシモシタンゴ/小雨にぬれたネオン街(1981年、CWA-71)• 意気地なし/縁があったら逢いましょう(1976年、CW-1540)• 斉条史朗のカバー。 奥野広道(レキントギター・コーラス)• 1978年に発表された「母性本能」は、曲名として甚だ衝撃的であり、マニアの間ではことに有名なナンバーでカラオケでも隠れた人気曲である。 赤坂憲一(コーラス、レキントギター)• 1985年の一時解散後、再結成し1987年「ふたりのシュビドゥバ」発表時のメンバー。 歌:森雄二とサザンクロス 作詞:高畠諄子 作曲:中川博之 あなたとならば 血のでるような 苦労も覚悟の 上でした わたしからあなたを とるのなら いっそ死ねといわれた方がいい 別れるなんて 言わないで バカ! には、元の、元の木下あきらとともに「ハッピー・サザンアロー」を結成。 さようなら幸せに/愛してくれてありがとう(1975年、CW-1510) - デビュー曲。 生命のブルース/生命のブルース(カラオケ)(1978年、CW-1750)• A面は、星恵津子「お待たせ音頭」。

次の

札幌の星の下で/森雄二とサザンクロス

森 雄二 と サザン クロス

現在のメンバー [編集 ] この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 山口晃生(ボーカル)• 菅野ゆたか、山口晃生と共に旭川を中心にディナーショーを開催。 岩浪晴彦(ドラムス)• 星の河〜ニューバージョン〜(2008年) - 「愛されて高崎」カップリング曲のニューバージョン• 2014年1月16日死去。 大前あつみ(ボーカル)• 渚ホテル/感謝しています(1976年、CW-1590)• 札幌の星の下で/生命のブルース(1976年、CW-1563)• グループの特色は、メイン・ボーカリストの菅野ゆたかが鼻にかかった独特の声質で、男女の別れ話を題材にした歌詞が多く歌われる。 サザンクロスのディスコ常磐炭鉱節/サザンクロスのディスコ会津磐梯山(1979年、CW-1847)• 織井仁(キーボード)• 山口晃生(ボーカル)• 敏いとうの勧めもあり、に再結成。 モシモシタンゴ/小雨にぬれたネオン街(1981年、CWA-71)• あなたほんとに意気地なし あなたのそばに いられるだけで ほかには何にも 欲しくない 置き去りにしないで 行かないで そうよ強いその手で その腕で つかまえていて 欲しいのに バカ! その後いくつかの曲では編曲、コーラスアレンジも手掛けている。

次の