ヨナス カウフマン。 「現代最高のオテロ」カウフマンが名匠パッパーノと“オテロ”全曲をセッション録音!

映像・音楽:イタリアオペラ(2)

ヨナス カウフマン

すでに額やひげに白い物が(たくさん)混じってはいますが、彼の暗めで端整な顔立ちは悲劇的な主人公にぴったりでしょう。 04 評論:「パルジファル バイエルン歌劇場 2018. ミュンヘン音楽大学で音楽教育を受けた後、ミヒャエル・ローデスのもとで技術を磨く。 満員の劇場、スタンディングオベーション、公演後の高揚感、バンバン出てくるアドレナリン。 Bernheim の記事の下に出ています。 今回の聴衆マナーは、普段の演奏会と余りに異なる為、気にしないようにしていましたが圧倒されました。 あのホールで、あれだけ脱力して歌ったら、普通は客席まで声届きませんって。 2019. ノーサンキューです。

次の

Jonas Kaufmannの楽曲一覧

ヨナス カウフマン

テノールを歌うかバスを歌うかは、団の状況やバランスなどを考えると難しいこともあるのですが、もって生まれた声を取り換えることができないのも事実。 非常にシンプルだが、だからこそ登場人物それぞれが浮き上がり、より観る者の心に迫り、効果的だ。 (これはホールの大きさの問題なので、仕方ない・・・けど残念) しかしこうやって聴くと この歌曲集、イヤな歌曲集だな(おいおい!) 意識しないで聴けば、普通のトナールだし メリケの歌曲集で仕掛けたようなイヤラシさはないのだが もっとさりげなく難しいところが あちこちにさりげなく隠されていて いやああああ、ヴォルフって、何と言うイケズな奴なんだ。 25 インタビュー: 2020. 最悪なのはプレミエ舞台の細かい所を突っつく正統派よりも冷酷なブロガーだ。 柔らかい響きの美声に酔いしれました。

次の

ヨナス・カウフマン + ディアナ・ダムラウ

ヨナス カウフマン

29 鑑賞記:「パリオペラ座 2019 鑑賞記2. 傑出したインタビューと思う。 オポライスとの共演。 イタリア語フランス語ドイツ語のディクションが非常によいこともプラスに働いているのではないでしょうか。 演目は、前半に『ジョコンダ』の名アリアの後、2015年に初めて歌ったマスカーニ『カヴァレリア・ルスティカーナ』からの名場面を披露。 8公演 2019. There are indeed a few familiar operetta tunes here, such as Wiener Blut, Wiener Blut, and the arch-romantic Komm in die Gondel, one of a lovely trio of tunes from Eine Nacht in Venedig. それは難しいからではなくこの役を歌うに際しものすごく強い情念が伴うからです(カウフマンは彼の声と共に演劇のうまさで知られている)。 07 鑑賞記:「ヨナス・カウフマン オペラコンサート」2018. そしてもう一つはシューマンの「詩人の恋」を中心に、ワーグナーとリストというロマン派の歌曲をまとめたものです。 シェーファーが上手い。

次の

ヨナス・カウフマン

ヨナス カウフマン

20 インタビュー:「TAGBLATT」インタビュー2019. その他、 、等も歌っています。 2020. 傷心のジルダ Sp 、復讐心に燃えるリゴレット Br 、公爵をあしらうマッダレーナ Ms 、彼女を口説くマントバ公爵 T の4人の心が交錯する有名な4重唱。 それに僕が空虚な生活をしていて、どうやって聴衆の前でキャラクターを、そして熱情を表現することができますか? Q:METの「トスカ」には色々問題がありました。 *** *** *** *** リゴレット Rigoletto ヴェルディ 2005 チューリッヒ歌劇場 音声のみ 第3幕。 蝶々さんは本当に死んじゃった!と信じ込んでいたからです The Telegraph 2014。

次の

Jonas Kaufmannの楽曲一覧

ヨナス カウフマン

06 を和訳しました。 カウフマンがやりたいプログラムがBプロで、プロモーターが(日本人の観客向けに)お願いしたのがAプロ…だったりして(笑)。 まだまだ有ります。 カウフマンは、書いた通り、テノールの音域は全くなく ただ、途中で神父さまとのやりとりの歌の時には(14番) 声の高さを少し上げたりしてストーリー・テリングを工夫していた。 なんか、そんな気がします。

次の

ヨナス・カウフマン/ヨナス・カウフマン~オペラ・コレクション

ヨナス カウフマン

そういう点では、バリトン歌手みたい(笑)。 そして彼が元々持つ声で自然に歌えるよう指導してくれました。 西部の娘 2018. 上演機会の少ない作品ではありますが、チェチーリア・バルトリとヨナス・カウフマンという最高のキャストでの本映像は、作品の面白さを再認識させられます。 2009 チューリッヒ歌劇場 エミリー・マギー、トーマス・ハンプソン。 今度は大切な僕の声を守らなければなりません。

次の

ヨナス・カウフマン〜オペラ・コレクション 『ニーナ』(2002)、『フィデリオ』(2004)、『ウリッセの帰還』(2002) チューリッヒ歌劇場(3DVD)

ヨナス カウフマン

さすがオペラ畑) ピアノが・・・巧い。 愚かしいかもしれぬが、しかし笑い飛ばすことなど決してできない人間の業と心の闇を描き出している。 それとも、この二人、本当はデキてるのか? (と思わせるリアリティがあった。 以降、ドイツの主要・国際的劇場に招かれ、99年にはブゾーニの「ファウスト博士」でザルツブルク音楽祭にてオペラ初出演。 全くばかげたことです。

次の

ヨナス・カウフマンの公式サイト

ヨナス カウフマン

18 番外地:「ウラディーミル・ユロフスキー」 指揮者) 2019. 会場のミューザ川崎って、変なホールでした。 2012 バイエルン歌劇場 のエリザベッタ(ハルテロス)との二重唱。 >最後の最後、余韻に浸る間もなく拍手が突如バチバチはじまり そうそう、私も、あんまり拍手が早いんで、ビックリしちゃいましたよ。 本当に合唱団に関して、世の中狭いと思います。 デ・クルティス:「帰れソレントへ」 16. パイジェッロの歌劇『ニーナ、または恋狂い』。 だって普通、3000円出すなら、プログラムじゃなくてCDを購入するでしょうね。

次の