転生 貴族 鑑定。 【Web版】転生貴族、鑑定スキルで成り上がる~弱小領地を受け継いだので、優秀な人材を増やしていたら、最強領地になってた~

第125話 吉報

転生 貴族 鑑定

WEBコミックガンマぷらす• マガポケ• 夜になったら会える」 「夜にこの店に来るのでしょうか?」 「いや、実は今もこの店にいるんだがな。 Comic Walker• アレックスさん」 リーツは、立派な髭を生やした筋肉質の中年男性に話しかけた。 矢は真っ直ぐと飛んでいき、的の真ん中を綺麗に射抜いた。 しかし、翼のある犬がいるくらいであるから、ファンタジーな世界である可能性も大いにあると思う。 そこで、僕の傭兵団の団長が、シャドーの団長に仕事を頼んだのをきっかけで、知り合うことになりました」 「傭兵団が傭兵団に仕事を頼むのか?」 「ええ。 傭兵団は、戦で負ける方に付くと団員の死傷者が増えたり、報酬がほとんど貰えなくなったりと大損になってしまいます。 そして、連戦で全軍の気が緩んでしまった隙を突いて、爆発の魔力水運搬部隊をピンポイントで狙われ、多くの魔力水が失われる結果となった。

次の

第126話 スターツ城

転生 貴族 鑑定

手や腹部など肉眼で視認可能な場所を見ても、ステータスは出てこない。 魔法を見たときには、流石にここが異世界であると確信した。 「坊ちゃんはよくここに来ますのう」 「まだ3歳なのに、将来が末恐ろしいわい」 三歳の子供が武芸に興味を示していると思い、部下たちは好意的に見ていた。 私は、練兵場で槍を突いている男を見つめ、とある能力を使った。 そして、店主の下に辿り着く。 「それで、今日は何のようですかい?」 「シャドーに仕事を頼みに来ました」 リーツがそういうと、 「あー、そうかー……」 困ったような表情をアレックスは浮かべた。 私の夫は冷凍庫に眠っている• 249• ミレーは弦を目一杯引いて、そして手を離し矢を放った。

次の

第2話 鑑定

転生 貴族 鑑定

それと最後にもう一つ分かった事がある。 でも、そこはほら、俺が何とかしますよ。 航宙軍士官、冒険者になる• 待ってる間、何か食べたり飲んだりしてくれたらありがてーです。 「どうしました?」 「いやよ。 今はローベント家の家臣になっています」 「家臣? ローベント家っていやぁ、ランベルク領主をやっている家じゃねーか。 がうがうモンスター 最新話更新!今日おすすめのWEB漫画 もっと見る• 私がここが地球でないと思ったのには、もう一つ理由がある。

次の

転生したら弱小貴族。鑑定スキルで優秀な人材を増やしていたら、最強領地になってた!|今日のおすすめ|講談社コミックプラス

転生 貴族 鑑定

確かに私は本気で好きになったこと以外、そこまで熱中したり積極的になったりしない性格だ。 336• 酒はちいっと早いようですが、ジュースもあるんでお出ししますよ」 「分かった、そうさせてもらおう」 私は仲介料を払う。 まず転生した私の名前だが、アルス・ローベントというらしい。 日本人ではない。 本物の天才と言われているということは、当然ステータスも高いだろう。 とんでもスキルで異世界放浪メシ• 女なのに魔法兵のような格好をしたシャーロット。 「突いたら一気に勝てるような弱点が敵にあるのか?」 「あります。

次の

【Web版】転生貴族、鑑定スキルで成り上がる~弱小領地を受け継いだので、優秀な人材を増やしていたら、最強領地になってた~

転生 貴族 鑑定

コミックDAYS• やっとの思いで出した、見間違いであったという結論は、もう一度自分の手を見たときにあっさりと、打ち砕かれた。 (しかし、現状を考えると、それは難しい……防御が薄そうな場所はあるが……そこを突破するのも現状の爆発の魔力水では無理だ。 団長が少し欲をかいてしまったのが、壊滅した原因でしたね……」 リーツは少し昔を思い出したようだ。 ほかの者も、武勇は最低限あるが、他は壊滅といったものばかりである。 クライメントの連中はほぼほぼ死んで、解散したって聞いたがね」 「クライメント傭兵団は確かに解散しましたが、僕は生きていますよ。

次の

【Web版】転生貴族、鑑定スキルで成り上がる~弱小領地を受け継いだので、優秀な人材を増やしていたら、最強領地になってた~

転生 貴族 鑑定

「ミレー、初めてならもうちょっと近くから撃った方がいいぞ。 顔に傷が複数入っており、戦場で幾度となく戦ってきたということが窺い知れる。 人気の漫画• WEBコミックガンマぷらす• それをばたつかせれば、二、三メートルほど宙に浮く事が出来る。 自分の才能を知りたいのに、それが分からないのは正直残念である。 黒髪のポニーテイル。 112• それと今すぐは会えない。

次の