バビロン 7 話 感想。 バビロン(アニメ)12話最終回は原作改変!小説との違いネタバレと正崎曲世のその後も考察!

バビロン(アニメ)12話最終回は原作改変!小説との違いネタバレと正崎曲世のその後も考察!

バビロン 7 話 感想

野崎まどさんは物語を綺麗にたたむ力がかなり頭抜けてると思うので、本当に楽しみにしてます。 九字院は、自分で足を撃ったと言います。 しかし、まぁ、これだけ視聴者の気分に影響する力があるということで、まどさんはきっとすごい方なのだと思います。 曲世自身が行うのは、悪いこと。 妻に電話し、息子について聞き、迷惑をかけてすまないと良い夫です。

次の

海外の反応 【バビロン】 第7話 誰がこんなストーリー作ったんだよ

バビロン 7 話 感想

曲世にしてみれば、これまでに曲世自身が行ってきた所業全ては、世界のためを思ってしていることであると。 曲世愛は最強ってことで、なんとなく意味不明な自殺教唆も最後にはすっと入ってきました。 そして3度目の「悪いこと」を繰り広げます。 だが、曲世にとってはそれが正義であり、それが世界を救うのだと本気で考えているのだ。 『自殺法』に追い風が吹き、政治面は完全敗北。 1話はラストでしっかり引っ張っていますが、2話4話あたりで切ってしまう人も多そうだなと思います。 まさに獲物を捉えたかのようでした。

次の

【お金と幸せ】漫画 バビロン大富豪の教え【感想】

バビロン 7 話 感想

これは支持率かなり高くなっちゃいそう。 そして正崎はこの状況を察知し、妻子に付いている九字院に連絡。 野丸は、父親の自殺を止めて欲しいと願う少年を登場させ、国民の感情に訴えかけた。 自殺法をどんな演説で国民に納得させるのか疑問に思っていたが、この齋の演説には「なるほど... 見せ方が難しいですねこのアニメは……けれど、そこに見事なまでに挑んで、そして今のところ成功している。 「自殺法」で人の死の権利がどうのと言っても、かたや殺人をする。 ですので銃を撃つことはできなかったんです。 はたまた、捕まえないのかもしれません。

次の

アニメ【バビロン】7話「最悪」感想 齋の子供を救う感動話から一転、地獄絵図・・・|ここアニ

バビロン 7 話 感想

曲世が何を言おうが耳を通り過ぎていくだけだった。 これは、申し訳ないけど、まどさんが曲世愛のようにどこか歪みがあるのではと勘ぐってしまうようなアニメでした。 その根拠は、子供が、父親が齋だということを隠していた。 曲世愛が生んだ最悪な災厄 正崎は曲世を追いかけますが、彼が目にしたのは拉致作戦に参加したメンバー全員の死体。 ルートに待機しているはずの監視員からの応答が途絶えたのは、齋がすでに通過したルートの監視員たち。

次の

『バビロン』7話感想 こんなもん地上波で流していいのかよ

バビロン 7 話 感想

・血を流した九字院が正崎のもとを訪れ、妻が曲世だったと報告。 確かに、人を殺すのは悪いことです。 年越してからも数話やるってことよな。 とても人間が太刀打ちできる相手ではない。 しかし「正義」は、それを止められない。 ではでは。 そして陽麻の手足を斬っていく。

次の

『バビロン』7話感想とか(ネタバレあり): 群青色の戯言日記(駄文)

バビロン 7 話 感想

悠は同世代で入院中の子たちとすぐに仲良くなったり、いつも楽しそうでジュンは不思議に思います。 曲世が正崎を自分のアイデンティティを保つために、正崎が正義で曲世が悪って対照のように捉えている風に見せているけど、そんな単純なものじゃないと思う。 頭がおかしくなったという扱いを受ける正崎と曲世愛からのコンタクト 事件後、他の刑事たちが現場に到着し、正崎は何があったのかを全て話しましたが、 正崎の言うことは信じてもらえませんでした。 正崎はこの異変に気づき、瀬黒陽麻に確認するよう現場に向かわせました。 なんで1ヶ月空けるのかよく分からないのだが、多分万策尽きているわけではなく、意図的なものだと思う。 そして九字院さんが話す、曲世の言葉の持つ魅了について。 最初というか、冒頭のアバンだった気がしますが、齋開化による演説はかなり野崎まどらしいと感じました。

次の

【バビロン】第7話『最悪』感想 第二章完結!曲世愛がつくった最悪の地獄絵図・・

バビロン 7 話 感想

無理なんですね。 Bパート 集団自殺のウラ 目の前で悲惨な光景を見た正崎は、護衛班や陽麻のもとに向かいます。 もれなく全員 『自殺』。 なのに、その手法を捨てて、殺人を犯した。 陽麻は逃げることを選ばずに、寅男たちと協力し彼女を逮捕することを選択。 正崎さんこれもう逮捕じゃなく射殺に切り替えないと無理なレベル。 曲世を最後まで勝たせるとか本当にあり得ない。

次の

【考察】『バビロン7話』最悪の神回...7話がいかに神回であるかを考察する【ネタバレ注意】

バビロン 7 話 感想

側近の瀬黒まで投入し事態の把握に努めるが・・もう嫌な予感しかしません。 齋の姿を確認するために、 瀬黒が指揮車を離れたところに、 血まみれの九字院が正崎の前に現れます。 正直見ている私でも到底この悪を「理解」することはできませんでした。 Cパートで曲瀬を登場させたのもそういうことでしょう。 その担当は九字院と、もうひとりの捜査班のメンバーです。 九字院がお亡くなりになるシーンは衝撃でしたが、その過程が意味不明すぎてうまく入ってこなかった。 子供を政治に利用 一つが、子供を持ち出したことだ。

次の