デート アライブ 劇場 版。 アニメ『デート・ア・ライブIV』公式サイト

劇場版『デート・ア・ライブ DATE A LIVE』万由里ジャッジメント: むりやりハリボテェ

デート アライブ 劇場 版

色を失った白い髪に、幽鬼のように青白い肌をした少女。 魔術師としての実力はかなり高いらしく、17巻で全盛期の姿でエレンにむけて「俺のいない世界で最強を気取るのは、楽しかったか?」と発言して交戦を開始する。 また、両親を殺した精霊に対する怒り以外の涙や笑顔といった感情を、仇を討つまではあなた(士道)に預けると士道に告げて去って以降は、その通りに怒り以外の感情や涙や笑顔を他者に見せることは無かった。 【天を駆ける者】では矢になる。 一風変わった言動や行動のため、士道たちからもドン引きされている。

次の

デート・ア・ライブ

デート アライブ 劇場 版

士道が並行世界から帰還した後の4月に、教師たちの反対を押し切って士道と同じ大学に入学する。 しかし、ウェストコットやエレンと違って顕現装置で老化を抑制していない為、緊急着装デバイス〈〉を使用する為には顕現装置で身体を全盛期の状態に戻さないと使用できない超高出力ユニットである為に、〈ヴォーダン〉を使用する度に寿命を削っている。 一振りで山をも両断する凄まじい破壊力を誇る反面、力の制御を誤ると暴走してしまうという欠点を持つ。 明朗快活で愛想の良い十香とは正反対の無愛想な性格のため、彼女とは仲が非常に悪く士道を巡って常に口喧嘩をしている。 『精霊狩り』としての正体は、反転後の喪服のような霊装によって素顔が隠されているためにAST・DEM社・歴史改変直後の〈ラタトスク〉には気づかれていなかった。 元々は現在の天宮市近郊に住む普通の少年であったが、ユーラシア大空災から数ヶ月後のある時に南関東大空災に巻き込まれ、その中心にいた〈始原の精霊〉を保護した。 発顕する天使はのような十字架があしらわれたの形をした 〈囁告篇帙()〉。

次の

劇場版デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメント

デート アライブ 劇場 版

更に2度のTVアニメ化も経た最強のボーイ・ミーツ・ガール『デート・ア・ライブ』、完全新作の劇場版アニメがパッケージとなって顕現! 時を同じくして不思議な美少女も現れて……。 自動的に本に記述されるようになり、記述速度が跳ね上がり、魔王本体からページを飛び散らせることで反転前よりも手数と速度が増えており、本に記された存在を具象化することもできる。 なお、時々「ぷんすか」や「へっぽこぴー」など子供っぽい言葉が会話の間に挟まることがある。 巨大なガトリング砲を持っていたが士道と美九の口喧嘩の真っ最中だったために邪魔とばかりに一蹴された。 そして、自身が消えゆく中で士道とキスをしようとした寸前で、四糸乃が士道に好きだと告白し、その気持ちは十香にも負けないと告げたことで抑えていた感情が決壊し、涙交じりに自分も士道が好きでもっと士道と一緒にいたいと告白したことで、同じく感情が決壊した士道に好きだと告白され、士道と最後のキスをしながら消滅した。

次の

デート・ア・ライブ

デート アライブ 劇場 版

しかし、29歳独身という境遇から結婚願望が非常に強い。 その後、来禅高校に転校してきて士道とデートをするが、デートの最後に士道の霊力が発現したところを目撃して反転してしまった。 17歳。 力の9割以上を封印されているが、それでも素手でパンチングマシーンを破壊してしまうほどの力がある。 これにより、歴史改変のことも知った。 マードックが仕掛けた人工衛星落下の際には、士道が顕現させた〈鏖殺公〉と十香が顕現させた〈鏖殺公〉、七罪が〈贋造魔女〉で模倣した〈鏖殺公〉も合わせて三本もの〈鏖殺公〉が同時に存在する状態となり、反転した折紙との戦いでは美九の〈破軍歌姫〉を模倣し美九の【輪舞曲(ロンド)】と七罪の【行進曲(マーチ)】の2重合奏で士道や十香たちを援護した。

次の

デート・ア・ライブ

デート アライブ 劇場 版

AST 日下部 燎子(くさかべ りょうこ) 声 - AST天宮駐屯地の隊長。 岡峰重工の社長・岡峰虎太郎を父に持つ社長令嬢だが、その期待に応えることが出来ず「役立たず」として放逐されている。 身長158cm。 普段の人格同様に健啖家であり、番外編で一時的に表面化した際は傍若無人な性格も相まって、タダ食い騒動を起こす。 十香の一件では、彼女を狙撃したつもりが、殺気に気付いて十香を庇った士道に命中させてしまい、怒り狂った十香に殺されそうになるが、寸前で士道に救われた。

次の

劇場版『デート・ア・ライブ DATE A LIVE』万由里ジャッジメント: むりやりハリボテェ

デート アライブ 劇場 版

そして、消えゆく十香とキスをしようとした直前に四糸乃から好きだと告白され、その告白で感情が決壊した十香から涙交じりに好きだと告白されたことで士道も感情を決壊させて、十香が好きでもっと一緒にいたいと涙交じりに告げながら十香を抱きしめて、十香と最後のキスをした。 その際、「……時崎狂三。 また土日祝日はお休みを頂いております。 封印後も、その口調は相変わらずである。 基本的にミステリアスに振舞うが、猫カフェに入り浸るほどの猫好きであることや、大勢の分身体を統制できず仕方なく無茶ぶりに応じる、過去の特殊な嗜好に傾倒していた頃の自分 を恥じているなど、上記の目的とは別の意味での秘密も複数抱えている。 その後、二亜や六喰がDEMに襲撃された際には、複数の天使を同時に使いこなして危機を脱するなど、徐々に封印した精霊の力を使いこなし始めている。

次の

劇場版『デート・ア・ライブ DATE A LIVE』万由里ジャッジメント: むりやりハリボテェ

デート アライブ 劇場 版

All Rights Reserved. 歴史改変前の世界ではマンションで一人暮らしをしていたが、室内には侵入者除けの罠が至る所に仕掛けられており、もはや要塞と化していた。 10本の剣の中に〈封解主〉の力を見せる1本があり、その能力で〈フラクシナスEX〉のブリーフィングルームの中央に出現する。 狂三との戦いで重傷を負い、意識不明のまま入院していたが、〈ラタトスク〉により病院から連れ出され、〈フラクシナス〉にて秘密裏に匿われていた。 時崎 狂三(ときさき くるみ) 声 - 第3の精霊で、スピンオフ作品『デート・ア・バレット』の主人公。 目の下にはいつも分厚い隈が出来ており、突然倒れてしまうこともある。

次の