銀山 温泉。 【銀山温泉】アクセス・営業時間・料金情報

銀山温泉のおすすめ人気旅館7選【最新版】

銀山 温泉

まるで大正時代にタイムスリップしたかのような雰囲気を満喫できます。 そんな銀山温泉は、過去の何度かの苦難を乗り超えてきた、とても歴史のある温泉街です。 所要時間は1時間、運賃は9,090円〜。 それをきっかけに盛り返し、銀山川の両岸に木造多層建築の旅館が次々と建てられて、1968年には国民保養温泉地に指定されました。 新緑と山菜料理の春、避暑の夏、紅葉の秋、雪景色の冬と、大正ロマンのただよう銀山温泉である。 また、お料理もとてもおいしく、尾花沢牛や鴨などの地元産の食材を使った料理は絶品です。

次の

銀山温泉

銀山 温泉

銀山温泉街の観光情報 住所 : 山形県尾花沢市大字銀山新畑 アクセス : JR大石田駅から尾花沢路線バス銀山温泉行きで40分、終点下車徒歩5分 電話番号 : 0237-28-3933 定休日 :なし 営業時間 :なし 公式URL : 2. 旅館で食べる食事とは違った、温泉街ならではのグルメを楽しんでください。 坑洞内はひんやりとしていて、夏の暑い時期は涼みスポットにもぴったり。 レトロな雰囲気の中で、上質な銀山の湯を低料金で楽しむことができる人気の日帰り温泉施設です。 車なら、東北中央自動車道「東根IC」から約60分です。 銀山温泉明友庵 銀山温泉街にある、創業明治30年の銀山温泉明友庵。

次の

銀山温泉|東北の観光スポットを探す

銀山 温泉

お風呂は、木製の浴槽を使った露天風呂に加え、清潔感のある内湯、さらに長い階段を上がった先にある眺め良好の「展望露天風呂」があります。 赤い欄干の橋は、銀山温泉街のレトロな雰囲気とマッチしています。 泉質は「ナトリウム-塩化物-硝酸塩温泉」で、慢性消化器病や神経痛などに効果効能があります。 「洞窟風呂」と呼ばれる貸切風呂もあるので、家族や恋人との時間を大切にしたいという方にもぴったり。 「おもかげ湯」の詳細情報 施設名 「おもかげ湯」 住所 尾花沢市銀山新畑 電話番号 0237-28-3888(「はいからさん」尾花沢市銀山新畑451) 営業時間 10時〜17時50分 定休日 無休 利用料金 1回50分:2,000円 駐車場 なし URL TOP10:料理自慢のアットホームな湯宿「やなだ屋」 客室数全4部屋という、こじんまりとしたアットホームな湯宿。 泉質は「ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉」でpH6. 特産品で有名な銀山まんじゅうは、栗を刻んで混ぜてあって観光客から人気の商品です。

次の

銀山温泉で楽しむ日帰り入浴!人気の日帰り温泉スポット10選

銀山 温泉

車なら、東北自動車道「古川IC」から約75分です。 「滝と蕎麦の宿 瀧見舘」の詳細情報 施設名 「滝と蕎麦の宿 瀧見舘」 住所 山形県尾花沢市銀山新畑中山522 電話番号 0237-28-2164 日帰り入浴時間 11時〜14時 定休日 月・木曜日 利用料金 大人:600円、子供:300円 駐車場 無料(30台) URL TOP7:温泉街を見おろす露天風呂「味とまごころの宿 昭和館」 創業100年を数える老舗旅館「昭和館」は、「銀山温泉」の温泉街を見おろす露天風呂が魅力。 昼間の街歩きも見ごたえ充分。 「山形県 銀山温泉 旅館松本」の詳細情報 施設名 「山形県 銀山温泉 旅館松本」 住所 山形県尾花沢市銀山温泉 電話番号 0237-28-2021 営業時間 10時〜14時 定休日 不定休 利用料金 大人:500円 駐車場 あり URL TOP9:共同浴場だけど貸切で入れます!「おもかげ湯」 温泉街の奥にある「おもかげ湯」は、共同浴場では珍しい貸切入浴を実施。 冬の雪景色はまさにおしんそのもの! 銀山温泉の歴史 銀山温泉の歴史は、約500年前の江戸時代初期まで遡ります。

次の

銀山温泉のおすすめ人気旅館7選【最新版】

銀山 温泉

車なら、東北自動車道「山形北IC」から約80分です。 団体客がいないので、静かであたたかく、居心地いいのが魅力。 泉質は「含食塩硫化水素泉」で、リウマチや神経痛、冷え性などに効果効能があります。 湯治場の雰囲気が残っている点では全国でも有数の温泉「能登屋旅館 木戸佐左エ門」や「旅館 永澤平八」などと屋号が大きく書かれた漆喰 しっくい の看板も珍しく、訪れる人々を大正レトロな雰囲気に誘う。 山形牛の陶板焼きやおそばなど、お部屋でいただく郷土の味自慢も魅力です。 女湯は木の温かみが感じられ、男湯は石を生かしたナチュラルな印象です。 お店は2階建てになっているのですが、席が空いてるなら2階席に行くことをおすすめします。

次の

銀山温泉のおすすめ人気旅館7選【最新版】

銀山 温泉

雪見の露天温泉を楽しめるのも、豪雪地帯にある銀山温泉の嬉しいところ。 夜は旅館の湯でしっぽりとあたたまり、きめ細やかな霜降りのブランド牛・尾花沢牛や、地元産のそば粉で作られた「尾花沢蕎麦」などの名物グルメをどうぞ。 さらに、宿泊代とは別料金になりますが、岩盤浴も取り揃えていてじっくりと汗を流してデトックスしたい方にもうってつけ! 「仙峡の宿 銀山荘」の施設情報 施設名 仙峡の宿 銀山荘 住所 山形県尾花沢市大字銀山新畑85 電話番号 0237-28-2322 URL 大正ロマンが漂う銀山温泉の旅館に泊まろう! 「銀山温泉」の旅館は、大正時代に建てられた建築がいまでも残されているなど、趣のある旅館がたくさんあります。 現在は18代目が経営しています。 脱衣所はありますが、少し小さめなので荷物は少なめで行くと良いでしょう。

次の

【銀山温泉】アクセス・営業時間・料金情報

銀山 温泉

館内は自然と調和した素朴な和の雰囲気が広がっています。 銀山温泉の景観をゆっくり眺めながら、名物の揚げ茄子蕎麦を味わってみてください。 「仙峡の宿 銀山荘」の詳細情報 施設名 「仙峡の宿 銀山荘」 住所 山形県尾花沢市銀山新畑85 電話番号 0237-28-2322 日帰り入浴時間 10時〜14時 定休日 木曜日 利用料金 大人:1,000円、子供:500円 駐車場 無料 URL TOP3:客室数全8室の高級温泉旅館「藤屋」 — 2017 4月 11 2:06午前 PDT 木材や和紙をふんだんに用い、日本の匠の技が遺憾なく発揮された究極の和モダン建築。 川を挟んで両端にある風情ある建物を眺めているだけでも楽しいですよ。 仙峡の宿「銀山荘」の観光情報 住所 :山形県尾花沢市大字銀山新畑85 アクセス :JR大石田駅から尾花沢路線バス銀山温泉行きで40分、終点下車15分 電話番号 :0237-28-2322 営業時間 : チェックイン:15:00 (最終19:00) チェックアウト:10:00まで 料金 :一泊の料金14,500円 ~ 4名様1室利用時 注意点: チェックインが予定時間を過ぎる場合必ずご連絡下さい。 日帰り入浴も可能で、昔ながらの風情を残した2つのお風呂で銀山の湯を楽しむことができます。 銀山温泉とは 銀山温泉は、山形県と宮城県の県境、奥羽山脈の中にある山形を代表する小さな温泉街です。

次の