下野 新聞 社 スーン。 下野新聞

「感染者 絶対出さない」 営業再開の栃木県内スポーツジム 利用者離れに危機感も|社会,県内主要,経済|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

下野 新聞 社 スーン

[ ]• 内容に関するが必要です。 3月7日 - 創刊120年、創刊年を1884年ではなく杤木新聞が創刊された1878年に改めると発表• 9月1日 - で東京各紙発行不能のため、9月7日まで下野新聞を東京に送る• 外部リンク [ ]• 新聞情報. 足利新報との合併準備のため1882年7月31日付を最後に休刊した。 さらに、試読キャンペーンにお申し込みされた方に 暮らしに役立つ小冊子をプレゼントいたします。 - 茨城新聞を印刷する読売新聞茨城西工場がで被災したため、3月12日及び13日付の朝刊印刷を代行• なお「下野旭新聞」についてはほとんど記録がないが、発行回数などはあまり多くなかったらしい。 3月に「下野旭新聞」を発行していた『鶏鳴社』と合併し、本拠地を宇都宮へ移転、同日付より現題名となった。 本県では5月15日に休業要請が解除され、東京、神奈川など首都圏でも1日から利用自粛が緩和された。 パソコンからも紙面 ビューアで紙面をご覧いただけま す。

次の

下野新聞

下野 新聞 社 スーン

- 日光-宇都宮マラソン大会開催• (11年)創刊。 下野新聞小学生読書感想文コンクール• 2019年5月18日• - 県域テレビ局「」設立にあたり資本参加• イーグルスポーツプラザ小山(小山市駅東通り2丁目)も1日、本格的に営業を再開した。 脚注 [ ]• やでの議論にご協力ください。 佐藤健人(さとうけんと)マネジャー(31)は「感染防止にはかなり気を使っています」とアピール。 1部130円+送料でお分けいたします。 栃木県内の経済ニュースも豊富。 ( 2020年5月)• なお、田中正造は合併に反対し、合併前の1882年5月に退社している。

次の

会社概要|下野新聞 SOON(スーン)

下野 新聞 社 スーン

同9月には落雷により無線システムが故障した。 - 現・所在地に新本社屋完成• 当初は1884年3月に現在の題字になった年を創刊とみなしていたが、上記の事情で付けに旧栃木新聞が創刊した1878年を創刊とみなし、この日の紙齢は前記・1884年からの号数「42338号」に、初代栃木新聞の合計号数「781号」を追加した「43019号」として発行した。 がまったく示されていないか不十分です。 2011年11月25日 - と緊急時の新聞発行に関する相互支援協定を締結• 親会社の矢野自動車(宇都宮市西川田町)の山田耕一(やまだこういち)常務は「元々業績が悪かったが、コロナ禍で先行きが見通せなくなった」という。 各自治体に休業要請の解除を求めてきた。

次の

下野新聞購読案内|下野新聞 SOON(スーン)

下野 新聞 社 スーン

- (第2次)栃木新聞創刊(隔日刊、発行所・共進社)• 業界団体のガイドラインに沿って換気や除菌などの感染防止対策を徹底し、さらに踏み込んだ独自対策に取り組む施設もある。 ソフトボールやゴルフ、陸上、水泳など、幅広い競技で試合結果や迫力あるプレー写真、読み物、話題などを掲載し、小学生アスリートの活躍を応援します。 。 生活情報紙がプラス1。 文化面にあった「展示館だより」も毎週掲載します。

次の

下野新聞

下野 新聞 社 スーン

発行所名は足利新報の旭香社を引継ぎ、題字は栃木新聞を継承した。 気軽にお申し込み下さい。 よって「42339号-43018号」は存在しないことになる。 関連項目 [ ]• がまったく示されていないか不十分です。 午後7時半ごろには翌日掲載のお くやみ情報を含めた電子版夕刊も 配信します。 2019年11月6日閲覧。

次の

会社概要|下野新聞 SOON(スーン)

下野 新聞 社 スーン

- 夕刊創刊• 県域紙として栃木県内での影響力は大きく、県域テレビ「」・ラジオ局「」、「」の設立にも大きく関与している。 - 第2次栃木新聞休刊• 2006年 - 発行号数42,237号• 4月1日 - 同日開局した「ラジオ栃木」へニュース情報の協力・提供開始• - 発行号数30,000号、下野県民賞を制定• 第3次 1882年9月2日 - 1884年2月21日 足利(現・足利市)の足利新報と対等合併。 いつでもどこでもスマホで確認できる下野新聞電子版も 支社・総支局住所一覧 電話 住所 那須塩原支局 0287-67-1623 那須塩原市沓掛1-2-8那須塩原サンライズスクエア101 大田原総局 0287-20-1023 大田原市浅香1-5-7 矢板支局 0287-40-1023 矢板市扇町1-13-7シムシティ21-102B 那須烏山支局 0287-80-1023 那須烏山市旭1-2-1 日光今市総局 0288-30-1023 日光市今市本町7-8 日光支局 0288-50-1023 日光市石屋町6-5 宇都宮総局 028-632-2958 宇都宮市役所内記者クラブ まちなか支局 028-908-1023 宇都宮江野町8-12 さくら支局 028-681-7023 さくら市卯の里4-55-4 鹿沼支局 0289-60-1023 鹿沼市下田町2-1080-3 下野支局 0285-51-1023 下野市文教1-20-17秀和マンション102号室 茂木支局 0285-64-1123 茂木町茂木1590 真岡総局 0285-80-1023 真岡市荒町5204-9 足利総局 0284-40-1023 足利市大橋町2-1821 佐野支局 0283-20-1123 佐野市高萩町467-1 栃木支局 0282-20-1023 栃木市万町7-5 小山総局 0285-30-1123 小山市粟宮1-10-1 東京支社 03-5501-0520 東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル8F 大阪支社 06-6346-8690 大阪市北区梅田3-4-5(毎日新聞ビル4F). やでの議論にご協力ください。 毎週日曜日。 2001年4月 - 題字変更• 1945年 - 自力発行を再開• 多彩な紙面で栃木を応援 しもつけNIEワークシート 下野新聞の記事を教材とした小中高校生向けの「ワークシート」が始まります。 ただしこれは田中の記述を元にしており、他の関係者の記述では、田中は退社後も合併準備のために走り回り、第3次栃木新聞の発刊を見届けるところまで関係していたともいう。

次の

栃木県内タクシー3社廃業 コロナ禍で需要激減|社会,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎

下野 新聞 社 スーン

新型コロナウイルス感染拡大に伴う休業要請が解除された県内スポーツジムが、利用者の不安払拭(ふっしょく)に力を入れている。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外出自粛や観光地での需要激減で県内のタクシー業界が窮地に立たされている。 ご希望の方は下野新聞社販売事業局(TEL 028-625-1120)に注文下さい。 田中正造が編集長になり、紙面上で国会の設立を訴える。 スポーツジムでは千葉や愛知県などでクラスター(感染者集団)が発生し、各都道府県で最後まで利用自粛の対象に指定された。 対象は下野 新聞を購読している法人・事業所 (国や地方自治体を除く)で、1 契約で法人内の3人まで利用でき ます。

次の