日本 ビクター。 qualif.docchain-api.ca-cib.com:ビクターブランドが復活するそうなので、歴代製品を見てきた (1/3)

95. 日本ビクター(株)と提携 1954年(昭和29年)

日本 ビクター

11月21日 - 子会社の株式会社メイジャーズを通すことなく、当社がレーザーディスクソフトを発売開始(初リリースソフトは「ロードス島戦記1」 VILF-1 )。 1962年〜1989年• まで(現:JVCケンウッド)の、までは日本ビクターのであった。 一時期は、マウスなどの周辺機器や、業務用ディスプレイやHDDも生産、販売していた。 2016年〜• これらの規格には下位互換性が保障され、ユーザーはデッキを買い換えても、以前のテープを使い続けることができる。 共同持株会社 JVC・ケンウッド・を設立して子会社となった。

次の

JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

日本 ビクター

グローバルブランドを「 JVC」、ブランドステートメントを「The Perfect Experience」としている。 VHSは家庭用ビデオとしての要件を満たし、ソニーのベータマックスとの規格競争にも勝利し、日本初の世界標準規格となった。 6月21日 (PS)• 前橋事業所(大渡町1-10-1)• 主力の本社・横浜工場・東京文芸座スタジオ、レコード製造施設を空襲で焼失し事業は壊滅状態で、労働争議の混乱による社長交代で親会社が東芝からへ移行する。 2014年〜• その様子を、時代を飾ったプロダクツの写真とともにお届けする(写真は後半の2ページ)。 2007年には周波数を180Hzまで高めることでさらに残像感を小さくする技術や、バックライトにLEDを搭載して画面のエリア毎に輝度をコントロールすることでコントラストを飛躍的に向上させる技術、LCDのバックライトを自社開発することでテレビの電気回路を搭載しつつ厚み3. EF Johnson Technologies, Inc. 2015年〜• 3月23日 ()• 8月1日 - 普通株式10株を1株とするを実施。 ポピュラー音楽では、12インチLPが「ステレオ・ボール・ルーム」 楽団、楽団 SLS-5001 の1枚 価格:2500円 、7インチの45回転EP盤が、「王様 プラード・イン・ウルトラ・Hi-Fi」 楽団 SEP-1001 、「魅惑の東洋の旅 第1集 Around the Far East 」 楽団 SEP-1002 で、いずれも価格は900円だった。 当社とテイチクは15年余り兄弟会社となっており買収の標的とされていたが、4月にがテイチクを買収(グループ入り)したことで関係が無くなった。

次の

日本ビクター(にっぽんビクター)とは

日本 ビクター

Open NAT機能やゲーミングデバイス優先LANポートなどを搭載!• 6月15日 創刊号(PCエンジンCD-ROM 2)• ビクターフラットワイドテレビ AV-28AD1 (2000年) 岩井工場(ホームAVネットワークビジネスユニット) 2001年には、松下出身の寺田雅彦が社長就任。 (1994年〜1998年)• (昭和20年) - 商号を 日本ビクター株式会社に変更。 また、同技術を採用した機種「HR-D725」を発売。 SCHOOL GIRL'69 2004年〜2005年• 一時期は、マウスなどの周辺機器や、業務用ディスプレイやHDDも生産、販売していた。 液晶シャッター式スコープを本体に接続し、立体映像を楽しむことが可能であった。 2015年6月4日. 家庭用ビデオとして、世界で初めて放送クオリティーに迫る高画質を実現させた。 四星球• 2015年〜2016年• 旧社名は1972年からまでは ビクター音楽産業株式会社(ビクターおんがくさんぎょう、略称:ビクター音産)、から3月31日までは ビクターエンタテインメント株式会社( Victor Entertainment, Inc. 2018年7月18日時点のよりアーカイブ。

次の

JVCケンウッド

日本 ビクター

1975年〜1977年 (千里は現在の。 2016年12月4日 - 、JVC・ケンウッド・ホールディングス、2010年4月6日• 1995年には、ソニー・松下電器・フィリップス・日立・三菱と共同で、家庭用デジタルビデオカメラ規格の規格を開発。 昨年8月、ビクターとケンウッドは経営統合を前提に資本・業務提携を結んだ。 ブラウン管テレビの電子部品を製造。 株式会社JVCケンウッド 2016年12月22日. テイチクとの合併構想 [ ] 前半に、ビクター音楽産業とテイチク(現:)を合併して『パナソニックレコード Panasonic Records 』を作るという構想が浮上した。 2003年〜2010年• ビクターは1943年にRCA社と資本関係が解消した 後も、研究・技術開発で交流を続け、国産初のテレビ開発や、オーディオ技術へと結びつく。

次の

日本ビクター(にっぽんビクター)とは

日本 ビクター

出典 [ ]• 主要レーベル [ ]• 用地売却に伴い、事業は横須賀事業所に統合された。 2018年〜• モールモール(-テープ) 1986年• 家庭用ビデオフォーマットのの開発メーカーであり、の開発した家庭用のとを繰り広げた。 またこのD-ILA素子を利用したハイビジョンを超えるタイプのプロジェクターの開発をと共同で進め、ハイビジョンの4倍の解像度を誇る4K2Kプロジェクターやその4倍の8K4Kプロジェクター(内グローバル・ハウスにあるNHKのシアター用プロジェクターとして)などの開発。 テレビ事業は国内撤退 生産・開発で進む融合 松下、ビクターとも八方ふさがりの状況に陥る中、救世主として手を差し伸べた人物、それがケンウッドの河原春郎氏だった。 出典 日本の企業がわかる事典2014-2015について. 2015年〜2017年• 設立経緯と事業遷移 [ ] 2008年(平成20年)10月1日に、 株式会社と 株式会社が経営統合のため、共同でを行い、両社の・ JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社として設立した。 1978年〜2000年• 免許有効期限 平成25年12月31日 脚注 [ ]• (昭和52年)4月 - CI導入、創業時から使用されてきた「 V ICTOR」から「 Victor」表記に順次、変更される。 電子部品や音楽・映像ソフトも手がける。

次の

日本ビクター(にっぽんビクター)とは

日本 ビクター

DJ ダイノジ 2019年11月23日 ビクターロック祭り番外編 Dog Run Circuit'19• ・ このサービスで提供しています取扱説明書の中には、印刷物をスキャニングしたものがあります。 (昭和26年) - 音楽部門、レコード会社では日本初のテープ・レコーダー(米マグネコーダ製)を導入、運用開始。 (昭和59年) - 一体型「GR-C1」発売。 (平成16年) - D-ILAリアプロジェクションテレビ発売(北米)。 1971年〜? - 日本ビクターの音楽ソフト部門のうち、製造部門を除く制作・営業・宣伝、および出版事業などの部門を「 ビクター音楽産業株式会社」(英文社名:Victor Musical Industries, Inc. ポータブルオーディオ からデジタルオーディオプレーヤー事業へ参入していたが、急速なデジタルオーディオプレーヤーの台頭によって、から本格的にデジタルオーディオプレーヤーを発売。

次の