アヴァ ランチ ヴァル キ ランダー。 とりあえず新作キットを組んでみる#64 SDBD:R026「エクスヴァルキランダー」&SDBD:R007「ヴァルキランダー」&HGBD:R018「アヴァランチレックスバスター」

SDBD エクスヴァルキランダー レビュー

アヴァ ランチ ヴァル キ ランダー

これは面白い使い方ですね。 手首の軸を3mm軸にして頭部パーツ(GNアームガンクロー)を取り付ける事ができます。 足裏はほぼ肉抜きで3mm穴があります。 口は開閉するよ! 下から。 デザインも可愛いのでオススメのキットです。 ゲート跡もほとんど分からないような仕上がりに。 余剰パーツで組みますし、ヴァルキランダーも入っていないのでそちらよりもシンプルな姿です。

次の

SEIBUNDO

アヴァ ランチ ヴァル キ ランダー

頭部や翼などが変わっていたり、尻尾の左右にGNガンブレードを取り付けるのが特徴といったところ。 バックパックのアームはヴァルキランダーと基本的に同じ作りでウイングはBJで保持します。 脚部にはレックバスターの大腿部パーツを前後から挟み込むように取り付けます。 ヴァルキランダーを聖獣クアドルンの姿をモチーフにしてさらに改修を加えて作ったというエクスヴァルキランダー。 「ガンドラゴン・モード」では上手くフェイスパーツを隠してくれて、竜の腹部っぽく見せてくれています。

次の

とりあえず新作キットを組んでみる#64 SDBD:R026「エクスヴァルキランダー」&SDBD:R007「ヴァルキランダー」&HGBD:R018「アヴァランチレックスバスター」

アヴァ ランチ ヴァル キ ランダー

こちらがエクスヴァルキランダーの特徴、レジェンドウィング。 上部から前後にかけてのゴールドラインはシールでの色分けです。 あとは前足と翼が独立している「ヴァルキランダー」はドラゴンっぽく、翼に爪がついている「エクス」は的な感じで印象が大きく異なりますね。 2体並べて展示できる点は、 地味に本キットの売りの一つだったりします。 グリーン部分の丸とツメ部分を補うものなどが中心です。 1パーツで再現されています。 パーツ一覧。

次の

SEIBUNDO

アヴァ ランチ ヴァル キ ランダー

それと、翼の付け根がヴァルキランダーは後頭部でしたが、エクスヴァルキランダーは背の部分になり、少し下がったところに配置されています。 瞳ありとなしのシールが付属し、ツインアイパーツの前後に貼り付けます。 ホイルシールの量は多く、GNコンデンサー部分を中心に細かな赤・ゴールド・グリーンなどの色を補うものが付属します。 余剰パーツなしに対する意識。 脚底のゴールドをシールで色分けするのも同じ。 組み合わせてもカラーリングバランスはよく仕上がっているようですね。

次の

SEIBUNDO

アヴァ ランチ ヴァル キ ランダー

キットにもなる人気MSV機体アヴァランチエクシアのイメージが強いアヴァランチユニットですが、00Iなどではアストレアに装備しての出撃もありましたので、赤いアストレアがベースなヴァルキランダーの強化案としてはうれしいモチーフですね。 バイザーや胸GNドライブのクリアーレッドパーツはブラックライトで照らしても発光しませんでした。 今回は、 SDBD:R アヴァランチレックスバスターのレビューをご紹介します! SDBD:R アヴァランチレックスバスターは、『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』に登場するガンプラ『SDBD:R ヴァルキランダー(別売り)』用の強化パーツです。 0mm穴が露出。 前腕には装甲を装備し、GNジャマダハルをマウント。 各部パーツを外す事でヴァルキランダーを強化できますが、まずはレックスバスター状態を見ていきます! 下から。 スタンドに展示する場合は、ダゴンズ・ジョー(胸部のパーツ)を外します。

次の

【ガンプラ】SDBD:R エクスヴァルキランダー レビュー

アヴァ ランチ ヴァル キ ランダー

ただ、新型コロナウイルスの影響により第19話以降の配信は7月9日となった為、エクスヴァルキランダーの登場は、早くて7月以降となった。 通常のヴァルキランダーとは違ったスタイルの攻撃態勢が再現できます。 ヘルメットにはフレアーデバイスとシールドの頭部パーツで作った頭を装着。 ですがグリップはしっかり両手で握る事ができます。 劇中に登場した聖獣クアドロンに似た容姿に変化します。 背部にはレックバスターの首パーツを肩装甲のジョイント用アームとして接続。 元ネタはガンドランダーの鬼龍破砕砲(レックスバスター)。

次の

SDBD アヴァランチレックスバスター レビュー

アヴァ ランチ ヴァル キ ランダー

因みに脚もアヴァランチパーツを組み込んでおりますが、 このように結構雑に挟み込んでいるだけになります。 グリップパーツに使われているGNジャマダハル。 SDBD:Rヴァルキランダーのガンドラゴンモードと並べて比較。 口にクリアレッドのパーツが使われているのも特徴です。 こちらはヴァルキランダーのものと色違いです。 ポリキャップはボールジョイント型のPC-7を使用。

次の

SDBD:R アヴァランチレックスバスター レビュー

アヴァ ランチ ヴァル キ ランダー

追加アーマーを装着した感じは「武者」系のデザインにも近い気もしますが、ゴツくなっていい感じです。 こんな感じで撃ちます。 簡単な構造ですがボリュームはそこそこあります。 ヴァルキランダーとレックバスターの残りパーツを組み合わせることでガンドラゴンモードとして再現することができます。 弱点という弱点はありませんが、ホイルシールの量はかなり多いので、気になるモデラーさんは部分塗装推奨といったところ。 ランナーはゲートがかなり細くなっていて、パーツを簡単に切り出すことができます。

次の